テレビの初期不良の見極め方

10年ほど利用していたテレビの画面に、少し白っぽくなる箇所ができるなあと思っていました

そのうちに、その白っぽい箇所は上から下へと徐々に近づき、段々と画面が見にくくなってしまいました。

メーカーの修理センターに電話をしてみても、10年も前のものはパーツもないし、

もし頑張って修理しても新品より高い値段になる可能性が高いといわれ、新しいテレビを購入しました。

このテレビ、格安量販店で買ったからか、地上波は問題なく映るのです。

しかし、それまで受信できていたCSやBSの一部のチャンネルが何度設定を直しても映らなかったり、映像と中で何度も画面がフリーズします。

また、リモコンを何度押しても反応しなくなったりを繰り返していました。

そのため、コンセントを抜けば戻ることや、格安だから…とアンテナに工夫をしていたのです。

でも、フリーズするタイミングが徐々に狭まり、思い切ってメーカーに電話をしてみたところ、まだ1年以内だから無料で修理してくれるとの事でした。

送料も持ってくれて、約一ヵ月後に帰ってきたのですが、それまでが嘘のように設定はすぐにできて全チャンネル視聴可能!

これまでは3日に一度は止まるといった感じだった映像も、今のところまったく問題ありません。

安いから仕方がないか…と諦めずに、きちんと交渉をしてみてよかったです。

交換前は安物買いの銭失いだったかーと思っておりましたが、今は安くていい買い物ができたなあと思っております

なので、手にうつる爪水虫と同じように、安いからといって諦めた経験がある方はご参考ください。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク