クマのようなシミのことです

三十代以降の女性で悩むことの多いのが、「肝斑」というお肌のトラブルですよね。

肝斑は、目の下や頬骨のあたりに、ほぼ左右対称にできるクマのようなシミのことです。

肝斑の原因としては、関連性があるのが女性ホルモンで、肝臓の病気とは特に関係がないとされています。

また、肝斑は、今ではトラネキサム酸の使用によって治療できるというのが、現在の医療の考え方です。

そのため、製薬会社や大手の化粧品メーカーから、肝斑に効く内服用の薬が販売されています。

しかし、肝斑に関しては、よくあるシミ対策法では、効果を発揮できません。

もっとも、ビタミンCの美白効果をねらって、輪切りのレモンを顔に乗せて、レモン果汁とオイルでパックする方法が一時期話題となりました。

ですが、すぐ下火になったように、シミや美白効果はありません。

なぜなら、レモン果皮のオイルには、肌につけて紫外線に当たると、皮膚にダメージを与える光毒性があるからです。

シミを薄くしたり、予防する効き目をレモンに期待するのなら、日々の食事の中に取り入れるようにしましょう。

また、肌が荒れているのが気になった時には、セラミドを使ってカバーしてください。

セラミドというものは、角質層の細胞間で水分や油分を所持している「細胞間脂質」です。

角質層とは角質細胞が何重にもなっていて、このセラミドが糊の役割を果たし細胞同士をくっつけています。

肌の状態を保つバリアしてくれる効果もあるため、これが減ってしまうと、シミや肌荒れがひどくなるのです。

なので、お顔を洗うとき、力を入れて洗うと乾燥肌にはすぐ傷がつきますから、優しく洗顔するように心がけてください。

そして、化粧水は手にたっぷりと取り、体温で温めるようにしてから、お肌に用いましょう。

そうすることで、化粧水の温度と体温の差がせまいと浸透力が一段と高まり、より化粧水が肌に取り込まれやすくなります。

もっとも、今はアヤナスBBクリームで若返る効果を狙っているので、あきらめずに使い続けたいと思っています。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク