食べたいものの一つです

ヨーグルトには、乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などが豊富ですよね。

そんな乳酸菌は、腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つ働きがあると言われています。

また、ヨーグルトのビタミンBは、お肌のターンオーバーを活発にする役目を担っています。

そして、フルーツ酸には、皮膚の一番外側にある角質層をゆるめ、角質層がはがれるのを助ける大切な作用があります。

このような栄養素の摂取が、シミやくすみのない健康なお肌にする、大きな効き目があるのです。

そのため、ヨーグルトはシミやくすみ対策のためにも、食べたいものの一つです。

ところで、手軽で効果も高いシワ対策といえば、パックかも知れません。

パックなら、一日かけて溜まった肌の疲れを取る為の、有意義な時間にもなります。

また、パックは安価で、簡単につくれる手作りパックもあります。

パックの作り方は、ごく普通のプレーンヨーグルトに、ちょっとずつ小麦粉を入れ、パックに適した固さにしてから、お肌にのせるだけです。

冷たいヨーグルトが毛穴を引き締め、また保湿効果がありますから、シワ予防にも効果が期待できそうですよね。

もっとも、よく若い人にありがちですが、あまりご自身の肌に頓着せず、日々の肌のケアを怠ったりしている人も多いと思います。

でも、若いうちは何もしなくても大丈夫なんて思っていると、20代の後半にもなると、普通にシワはできてきます。

シワが発生する主な原因は、紫外線による刺激であったり、乾燥による損傷だったりします。

それに加えて、日々のダメージの蓄積が、肌にとって大きな問題なのです。

ですから、健康的な瑞々しい肌を維持していくつもりなら、ぜひ20代のうちから、日々のスキンケア習慣をつけておいた方がいいと思います。

そのためには、まずはお肌の水分補給は当然ですが、1日に2リットルの水を飲むと全身の健康を保ってくれます。

なぜなら、水分不足はお肌の血行不良を招くだけでなく、老廃物がお肌にたまるので、くすみが目立つ原因となるからです。

サラフェプラスの口コミによると、それだけでなく、肌の乾燥を招くことで、お顔にシワやほうれい線も目立つ結果になるそうです。

なので、ぜひ水分を欠かさない生活習慣を保ってください。

ちなみに、私は水分補給が多すぎるのか、顔汗が多くて悩んでいましたので、先日、ネットで制汗ジェルのサラフェプラスを購入しました。

このサラフェプラスを使い始めてから、顔汗が減って、化粧崩れもしなくなったので、もっと早く購入したらよかったと思っています。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク